BCP consortium

  • 最新情報
  • サービス
  • 災害対策・BCPアクセスキャラバン
  • ECOBCPフォーラム
  • グリーンBCPについて

ホーム > 最新情報

最新情報

2017.7.6第41回事業継続対策セミナー

 今回のセミナーの主題は「災害時の多言語翻訳」です。

 3月6日に行われた東京駅周辺防災隣組の千代田区帰宅困難者対応訓練において、災害時の多言語翻訳が今後の課題であることをお聞きしました。

 災害時の多言語翻訳は、総務省「情報難民ゼロプロジェクト」として取組まれており、複数の具体的なソリューションの提供も始まっています。

 東京オリンピックを控え、訪日外国人の急増などを受け災害時の備えは、社会全体の課題となってきました。

今回は「情報難民ゼロプロジェクト」の政策展開並びに具体事例を紹介します。

日 時
平成29年7月25日(火)14:00~17:00 (13:45開場)
主 催
事業継続対策コンソーシアム
会 場
千代田区立日比谷図書文化館 スタジオプラス(4階)
〒100-0012 千代田区日比谷公園1番4号
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
協 力
エムシーアクセス・サポート株式会社、産業人文学研究所、清水建設株式会社、スカパーJSAT株式会社、株式会社竹中工務店、日本アンテナ株式会社、株式会社日建設計、リコージャパン株式会社(五十音順)
定 員
30名(先着順)
参加費
無料(事前登録制)

セミナーの受付はこちらから

プログラム

14:00~14:05

あいさつ

14:05~1 5:05

「情報難民ゼロプロジェクト」の政策展開について

講師:未定
総務省 大臣官房企画課 課長補佐

質疑

15:05~15:35

主題:「グローバルコミュニケーション計画の推進」多言語音声翻訳技術の研究開発及び社会実証

講師:鈴木 良紀氏
東日本電信電話株式会社 ビジネスイノベーション本部 BBXマーケティング部 新ビジネス創造担当

質疑

※予告なく内容が変更になる場合があります。