BCP consortium

  • 最新情報
  • サービス
  • 災害対策・BCPアクセスキャラバン
  • ECOBCPフォーラム
  • グリーンBCPについて

ホーム > 最新情報

最新情報

2015.8.20第31回事業継続対策セミナー

 東日本大震災後の災害対策の考え方が、大きく変化した一例として「都市再生安全確保計画」があります。

 今回は都市における大規模災害時の帰宅困難者対策などに備える取組として、都市再生安全確保計画が目指す政策目標などについてご紹介いただきます。

 合わせて「横浜みなとみらい21」の取組について報告いただきます。

日 時
平成27年9月25日(金)14:00~17:00 (13:30開場)
主 催
事業継続対策コンソーシアム
会 場
日比谷図書文化館 スタジオプラス(4階)
〒100-0012 千代田区日比谷公園1番4号
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
協 力
エムシーアクセス・サポート株式会社、産業人文学研究所、清水建設株式会社、スカパーJSAT株式会社、株式会社竹中工務店、株式会社日建設計、リコージャパン株式会社 (五十音順)
定 員
30名(先着順)
参加費
無料(事前登録制)
プログラム

14:00~14:05

あいさつ


14:05~15:05

主題:「横浜みなとみらい21のエリア防災について」

講師:浜谷 英一氏
一般社団法人横浜みなとみらい21 企画調整部 企画調整課長

休憩


15:15~15:55

主題:「都市再生安全確保計画について」

講師:能勢 和彦氏
国土交通省 都市局 まちづくり推進課 
官民連携推進室 課長補佐


15:55~16:10

質疑

※予告なく内容が変更になる場合があります。

2015.7.21第3回BECSハンズオン・セミナー

 事業継続対策コンソーシアムでは、東日本大震災の直前から非常通信ユーザの課題解決のための、専門横断的検討並びに衛星通信とMCA無線の接続実証実験を、継続的に取組み「建築に非常通信-Building Emergency Communications System(BECS)」をまとめ、第3回国連防災世界会議パブリックフォーラムで発表しました。非常通信の専門事業者と建物の専門家との対話を通じて、非常時であっても使いやすい通信の確保を容易にする仕組みができました。

 会場となる防災・セキュリティーショールームでは、この6月に衛星通信のアンテナを設置し、通信環境を整備しました。BECSハンズオン・セミナーではこの環境を使用して、衛星電話とMCA無線の接続利用を「見て・触って・操作して」体験頂くことができます。

日 時
平成27年8月27日(木)14:00~16:00 (13:45開場)
会 場
防災・セキュリティショールーム
住 所
東京都千代田区外神田1丁目16番9号 朝風二号館ビル8階
主 催
事業継続対策コンソーシアム
連 絡
090-6104-0871 e-mail:info@bcp.or.jp
定 員
15名
参加費
無料(事前登録制)

セミナーは終了しました。

プログラム

14:00~14:05

あいさつ


14:05~14:35

ユーザの利用環境に着眼したBECSの取組について

BECSの取組経緯について
BECSにおける衛星通信について
BECSにおけるMCA無線について


14:35~15:35

BECS体験並びに防災・セキュリティーショールームの解説


15:35~16:00

質疑

※予告なく内容が変更になる場合があります。