BCP consortium

  • 最新情報
  • サービス
  • 災害対策・BCPアクセスキャラバン
  • ECOBCPフォーラム
  • グリーンBCPについて

ホーム > 最新情報

最新情報

2015.05.28第29回事業継続対策セミナー

 

 今年3月に南海トラフ地震に備えた支援のための緊急輸送ルート、防災拠点整備の新たな指針が「南海トラフ地震における具体的な応急対策活動に関する計画概要」として、内閣府から発表されました。

 計画概要には「人命救助に重要な72時間を意識しつつ、緊急輸送ルート、救助、医療、物資、燃料の各分野でのタイムラインと目標行動を設定」「広域応援部隊、全国の応援DMATの派遣は、被害が甚大な地域(重点受援県10県)重点化」と記載されています。新たな政策概要の要点を解説いただくとともに、企業の備えについて考察したいと考えます。

 また、大規模地震等への備える都市再生安全確保計画に基づく事例として、「大手町・丸の内・有楽町地区都市再生安全確保計画」を紹介します。

日時
平成27年6月25日(木)14:00~17:00(13:30開場)
主催
事業継続対策コンソーシアム
会場
日比谷図書文化館 スタジオプラス(4階)
〒100-0012 千代田区日比谷公園1番4号
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html  
協力
エムシーアクセス・サポート株式会社、産業人文学研究所、清水建設株式会社、スカパーJSAT株式会社、株式会社竹中工務店、株式会社日建設計、リコージャパン株式会社 (五十音順)
定員
30名(先着順)
参加費
無料(事前登録制)

セミナーは終了いたしました。

プログラム

14:00~14:05

あいさつ


14:05~15:05

主題:「南海トラフ地震における具体的な応急対策活動に関する計画概要」

講師:藤條 聡氏
内閣府(防災担当)企画官(災害緊急事態対処担当)



質疑

休憩(10分)

15:25~16:25

「都市再生安全確保計画に基づく大丸有地区の防災の取組について」

永田 千善氏
一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり懇談会

※予告なく内容が変更になる場合があります。

2015.04.20第2回BECSセミナー

本年3月に国連防災世界会議パブリックフォーラムで実施した「建築に非常通信(BECS)フォーラム」を紹介します。

事業継続対策コンソーシアムでは、東日本大震災の直前から非常通信ユーザの課題解決のための、専門横断的検討並びに衛星通信とMCA無線に関する、実証実験を継続的に取組んできました。非常通信の専門事業者と建物の専門家との対話を通じて、非常時であっても使いやすい通信の確保を容易にするモデルができました。

今回のセミナーでは「建築に非常通信-Building Emergency Communications System(BECS)」の着眼点、衛星通信とMCA無線の接続実証実験、先進事例の紹介、BECSの導入事例など全体像を紹介します。

日時
平成27年5月29日(金)13:00~17:00(12:30開場)
主催
事業継続対策コンソーシアム
会場
日比谷図書文化館 スタジオプラス(4階)
〒100-0012 千代田区日比谷公園1番4号
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html  
協力
エムシーアクセス・サポート株式会社、産業人文学研究所、清水建設株式会社、スカパーJSAT株式会社、株式会社竹中工務店、株式会社日建設計、リコージャパン株式会社 (五十音順)
定員
30名(先着順)
参加費
無料(事前登録制)

セミナーは終了いたしました。

プログラム

13:00~13:05

あいさつ


13:05~13:35

主題:「非常通信に対する大震災のインパクト」

大震災以前、非常通信は個別方式の運用が中心で、実際には業務ビル内で使いづらいなど課題がありました。非常通信の専門事業者と建築専門家が、この課題に専門横断的に取組んだ「建築に非常通信-Building Emergency Communications System」を報告します。

講師:事業継続対策コンソーシアム 事務局長
佐藤 靖之


13:35~14:25

主題:「環境と事業継続を同時に満足させる非常用の電源装置や通信設備について」

「eco-bcp」のコンセプトの基で設計された、清水建設新本社の非常用の電源装置、通信設備について報告し、建物と非常通信の関係について考えます。

講師:清水建設株式会社エンジニアリング事業本部 情報ソリューション事業部 主査
大山 俊雄氏

休憩

14:35~16:05

主題:「非常通信の専門事業者が手を組んだ-衛星通信とMCA無線接続実験を通して非常通信の新たな展開とは」

衛星通信とMCA無線。二つの非常通信を利用できる仕組みが実現しました。それぞれの非常通信の特長、接続実験等に取組みながら協力関係の構築、今後の展開について報告します。

講師:スカパーJSAT株式会社 衛星事業本部法人事業部
木村 護氏
エムシーアクセス・サポート株式会社 近畿支店 支店長
澤井 正一氏

16:05~16:55

主題:「事業継続と建物に関する課題解決方策の提案並びに日建設計グループのBCPについて」

実効性あるBCPには対策が必要ですが、事業継続は建物の性能に左右される一面があります。事業継続と建物の関係の要点を解りやすく報告し、今後の検討材料を提供します。

具体事例として日建設計グループのBCPを取り上げるとともに、平成26年11月に実施した日建設計BCP全社訓練を映像紹介します。

講師:株式会社日建設計 BCP推進室長
松下 督氏

※予告なく内容が変更になる場合があります。