BCP consortium

  • 最新情報
  • サービス
  • 災害対策・BCPアクセスキャラバン
  • ECOBCPフォーラム
  • グリーンBCPについて

ホーム > 最新情報

最新情報

2016.6.21第36回事業継続対策セミナー

 今回は熊本地震の教訓を踏まえて、災害に備えた対策について改めて考えたいと思います。

 東日本大震災を受けて昨年12月から「大規模災害時の非常用通信手段の在り方に関する研究会」が実施されていて、報告とりまとめの直前に熊本地震が発生しました。この研究会の報告書では、具体的に踏み込んだ提言がされ、災害医療・救護活動を対象としたガイドラインが策定されています。この研究会における検討は、一般企業のBCPに向けた様々な対策の有様に、将来的に反映してくるものと考えます。

 また、熊本地震における対策の実際について報告します。

日 時
平成28年7月20日(水)14:00~17:00 (13:30開場)
主 催
事業継続対策コンソーシアム
会 場
日比谷図書文化館 スタジオプラス(4階)
〒100-0012 千代田区日比谷公園1番4号
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
協 力
エムシーアクセス・サポート株式会社、産業人文学研究所、清水建設株式会社、スカパーJSAT株式会社、株式会社竹中工務店、日本アンテナ株式会社、株式会社日建設計、リコージャパン株式会社 (五十音順)
定 員
30名(先着順)
参加費
無料(事前登録制)

セミナーのお申し込みはこちらから

プログラム

14:00~14:05

あいさつ

14:05~15:15

主題:「大規模災害時の非常通信手段の在り方について」

講師:山口 真吾氏
総務省情報通信国際戦略局 技術政策課 企画官

質疑

15:15~16:15

主題:「地方自治体での災害訓練の実証実験」

講師:近井 幸始氏
リコージャパン株式会社 北海道支社 公共営業部 部長

※予告なく内容が変更になる場合があります。